【Amazon出品したい人必見】AmazonのFBAサービスの7つのメリット・4つのデメリットを徹底解説

Amazon・楽天・Yahoo!など
現在、ネット上には
様々なECサイトがあります。

ECサイトの運営は
実店舗と比べて
人件費は抑えられますが、
実際はとても忙しい…
できるなら少しでも手間は
減らしたいですよね。

ネットショップは梱包・配送が大変、
そんなイメージがはありませんか?

発送とは基本的に
①注文内容を確認し、ピッキング
②丁寧に梱包して納品書を同封
③宛名を貼り付け、集荷時間に合わせて発送
この3点が主となりますが
扱う商品数や販売量が増えてくると、
これだけでかなりの仕事量です。

これらの業務をサポートしてくれるのが、
Amazonが行っているFBAサービスです。
Amazon出品者であれば一度くらい
耳にした事があるのではないでしょうか。

今回はそんなAmazonのFBAについて
ご紹介していきます。

現在導入している方や
導入を検討している方、
初めて聞いた方まで参考になる
内容となっているので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

1.Amazon FBAとは

FBAはフルフィルメント by Amazonの略称で
その名の通り、
「Amazonが行っているサービス」です。

どんなサービスかというと、
商品の在庫管理から注文管理配送返品に関するカスタマーサービスまでをAmazonが代行してくれるとても便利なサービスです。

弊社でもAmazonの運用代行をする際に
活用しているサービスで、
これにより、業務効率をかなり上げることが
できています。

2.Amazon FBAを利用する7つのメリット

そんなFBAですが、
なんと、メリットが7つもあるんです。
すごいですよね。
一つ一つわかりやすく見ていきます。

メリット1:商品管理・注文処理・出荷・配送・返品までAmazonが対応してくれる

先程もお伝えしましたが、
商品さえAmazonの倉庫に送ってしまえば、
商品・注文管理から
梱包・配送・返品対応まで
全てAmazonが対応してくれるので、
出品者の負担は激減します。

今までは手を回すことのできなかった
他の仕事もスムーズに
行うことができますね!

メリット2:Amazon発送でイメージアップ

FBAを導入した商品は
このように出品者名と共に
「Amazon.co.jpが発送します。」
という表記になります。
これはAmazonのブランドで
集客できる
ことにもつながります。

小さな表記ですがAmazonユーザーは
実はこういうところも見ているんです。

「Amazonが発送してくれるのであれば
信頼できて安心。」

「スムーズに配送してくれる。」
と考える方もかなりいるので
自己発送よりも
好印象であることが多いですよ。

メリット3:FBAを利用するとAmazon prime対象商品になる

FBAを利用した商品は
Amazon primeの対象になります。
primeマークがついた商品は
お客様は送料無料
検索した際や商品ページでも
目につくように表示されるので
購買率の向上が見込めます。

また、2019年のニールセンの調査では
日本でAmazon Prime Videoの契約者数は
なんと509万人
これだけ契約者がいるとprime対象商品は
かなりの効果があるのではないかと
予測できますよね。

メリット4:カートの獲得率が上がる

FBAを利用することで、
カート獲得率が上がる傾向があります。

Amazonでは基本的に
1つの商品=1ページが基本となっています。
Amazonのページの仕組みについては
以前の記事で紹介していますので
興味のある方は
ぜひこちらをご覧ください。

Amazon内で全く同じ商品を
販売している出品者がいたときや、
FBA利用でない商品の場合、
最安値の商品がトップに表示されるため
価格競争になる可能性があります。
(FBA利用の場合でも
著しく安く販売されている商品が
ある場合はカートを取られてしまう可能性があります。)

FBAを利用していれば
カートを獲得しやすくなるので
価格競争に巻き込まれる危険性が
グンと下がるのです。

メリット5:決済の種類が増える

自身で出品する場合は、
クレジットカードのみの決済だと思います。
しかし、FBAを利用すれば
・コンビニ払い
・ATM
・ネットバンキング
・電子マネー払い
を利用することができるようになります。

購入者にとってはかなり
嬉しいサービスですよね。

メリット6:FBAマルチチャネルサービスが利用できる

”FBAマルチチャネルサービス”
Amazon以外の販路を持っている方向けのサービスです。

どういうサービスかというと
楽天、Yahoo!ショッピング、
自社ECサイトなどで
注文が入った商品をAmazonの倉庫から
出荷することができる
サービスになります。

複数販路があるとそれぞれで在庫や配送の
管理をしなければならないので、
Amazon以外のECサイトも
お持ちの出品者には
かなり助かるサービスではないでしょうか。

メリット7:海外発送の代行もしてくれる

もし自力で商品を 海外に発送するのであれば、 結構な手間がかかりますよね? しかしFBAを利用すれば、 簡単に海外発送の対応ができちゃいます! 新たな販路を見つけることにも 期待できそうですね。

3.FBAを利用する4つのデメリット

ここまでたくさんのメリットを
紹介しましたが、
デメリットも存在します。

デメリット1:手数料がかかる

これは仕方のないことかもしれませんが、
商品管理から配送まで
全て代行してくれるので
当然手数料もかかってきます。
手数料は大きくわけて
「配送代行手数料」「在庫保管手数料」
この2つです。
詳しくはAmazonより記載がありますので
以下をご覧ください。

Amazon FBA料金形態シュミレーションはこちら

デメリット2:Amazonの倉庫に商品を送る必要がある

代行してもらうためには、
Amazonが決めた形式に沿って
・商品情報を入力
・商品ラベルの貼り付け
・入庫するダンボールのラベル手配
などが必要となり、
作業と手間が発生します。
また、倉庫まで配送する送料は
出品者負担になります。

デメリット3:一度Amazonに入庫すると商品の状態が確認できない

商品を一度Amazon専用倉庫に
送ってしまうと、
商品の状態を確認できなくなります。

FBAに預けている商品の
コンディション確認方法
手元に商品を戻す

商品の状態を確認する

再度FBAに納品する
これだけの手間と時間がかかります。

そのため、
特殊な条件での保管が必要なものや
すぐにコンディションが変わりやすい商品は
避けたほうが良いでしょう。

デメリット4:Amazon倉庫でトラブルがあった場合配送が滞る

いくら大手のAmazonとはいえ、
一切トラブルが起こらないかというと
そこまでは言い切れません。

これは自分で配送する際も同じことですが、
倉庫でトラブルがあった場合、
配送が滞ることになります。

自分の商品がどの倉庫にどれだけあるのか
しっかり把握しておかなければなりません。

4.まとめ

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

FBAはとても便利なサービスで
メリットの方が多いので、
とてもおすすめしたいサービスです。

自分の商品がFBAに合っているか
サービスを利用できるかどうか
確認した上で利用して頂いて、
今後のECサイト運営を
よりよいものにしていきましょう!

 

弊社では10社以上
クライアント様の
Amazon・楽天・自社通販などの
立ち上げサポート・運用代行・転売対策
を行っております。

今回、この記事を読んでいただき、
ECサイトを始めてみたいという方
ECサイトの運用代行を検討している方が
いましたら、
こちらで質問やご相談を承ります。
下記よりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です