【EC担当者必見】ECサイトの運用代行とは?メリット・デメリットを解説

ネット通販の市場規模が
右肩上がりに伸びているのにつれて、
ECサイトの出品者やECサイト運用担当者も、
近年急激に増えています。

しかし、ECサイトの運用は、商品の仕入れ、
商品登録、サイト構築、梱包、配送、
顧客対応など手間がかかり、
担当者にかかる負担も
非常に大きい業務です。

忙しい日々の業務の中で、
安定したサイト運営を続けるのは
簡単なことではありません。

あなたも

「ECサイト運用を始めたけど
売上が伸び悩んでいる」

 

「人手不足で戦略考案に
手が回らない」

こう思ったことはありませんか?

今回は、ECサイトの運用代行サービスに
ついて解説します。

・ECサイトを始めたばかりの方
・売上が伸び悩んでいる方
・サイト運営に手が回っていない方

また、これ以外の方でも
ご活用いただける内容となっています。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

1.ECサイトの運用代行サービスとは

2.ECサイトの運用代行サービスの3つのメリット
2-1.ECサイトの運用代行サービス メリット①:ノウハウがなくても売上を伸ばせる
2-2.ECサイトの運用代行サービス メリット②:業務の効率化により他の業務に集中できる
2-3.ECサイトの運用代行サービス メリット③:自社内の人員削減・運用コスト削減

3.ECサイトの運用代行サービスの2つのデメリット
3-1.ECサイトの運用代行サービス デメリット①:社内にノウハウが溜まりづらい
3-2.ECサイトの運用代行サービス デメリット②:自社運営に切り替えにくい

4.まとめ

1.ECサイトの運用代行サービスとは

あなたは「ECサイトの運用代行」と聞いて
どんなことを思い浮かべますか?

「単に自社で手が回らない業務を外注する」

「何をしてくれるのかよくわからない。」

というイメージを持っている方も
多いのではないでしょうか。

ECサイトの運用代行サービスとは、
企業にもよりますが

・運用戦略立案
・集客運用
・Webページ制作
・新商品提案
・商品管理
・受発注管理
・顧客対応

等々、ECサイトの運営関係の全般を代行して
行うサービスのことです。

こんなにたくさんの業務を
サポートしてくれるんですね!

ECサイトの運用代行サービスは、
あなたのECサイト・商品を
売れるものにするための戦略考案や
運用方法の改善など様々な点で
プロの視点からサポートします!

2.ECサイトの運用代行サービスの3つのメリット

ECサイトの運用代行サービスがどんなものか
なんとなくイメージはできましたか?

ここからは、ECサイトの運用代行サービスを
利用するメリットについて
詳しく紹介していきます!

ECサイトの運用代行サービス メリット①:ノウハウがなくても売上を伸ばせる

ECサイトの運用代行サービスの
1つ目のメリットは、
あなたや会社にノウハウがなくても、
プロのコンサルタントが
様々な業務をサポートしてくれるので
売上を伸ばしていくことができることです。

ECサイト運営は、
専門的な知識があるかないかで
売上にかなり差が出てしまう
という一面がある一方、
ECサイト運営経験のある人は少ないです。

そのため、新たに経験者を採用したり、
未経験者を育てていくことは
かなりの時間・コストを必要とします。

そこで、ECサイト運用代行サービスを
利用することで、これらの問題を解決し、
時間やコストを削減した上で
売上を伸ばしていくことができる
というわけなんです!

ECサイトの運用代行サービス メリット②:業務の効率化により他の業務に集中できる

ECサイトの運用代行サービスの
2つ目のメリットは、業務を
プロのコンサルタントに委託することで、
業務効率化が図れると共に
他の業務に集中することができることです。

ECサイトの運用では、
商品の仕入れ、商品撮影、商品登録、
梱包、発送、顧客対応
など
たくさんの業務を行う必要があります。

これらを全て自社内で行っていると、
他の業務に手が回らなくなることも
よくあるケースです。

あなたの場合はどうですか?

「商品登録や受発注、顧客対応に追われて
売上向上のための戦略を練る時間がない。」

そんなことはありませんか?

ECサイト運用代行サービスを利用すれば、
一部分だけでも委託することで、
あなたが本来やるべき、売上向上のための
戦略を練ることができますね。

また、Amazonでは、
商品の在庫管理から梱包、発送、
顧客対応などをAmazonが代行してくれる
FBAというサービスがあります。

日々業務に追われている
ECサイト担当者にとって
とても便利なサービスです!

もし、Amazonに出品していて
利用したことがない
興味があるという方は、
以前の記事でFBAについて
詳しく解説しておりますので、
ぜひこちらもご覧ください。

ECサイトの運用代行サービスメリット③:自社内の人員削減・運用コスト削減

ECサイトのサービスの
3つ目のメリットは、自社内の人員削減や
運用コストの削減ができることです。

ここまでご紹介してきたように
ECサイトの運用業務は多岐に渡り、
そのために社員を雇うと、
かなりの人員コストがかかりますよね。

ECサイトの運用代行サービスでは、
そんな悩みを解決することができます。

業務を運用代行会社に委託することで、
社員を雇うコストを減らすことができますし、
プロがコンサルタントとして
サポートしますので、
社員を育成していくコストもかかりません。

3.ECサイトの運用代行サービスの2つのデメリット

ここまではECサイトの運用代行サービスの
メリットについてご紹介しました。

ECサイトの運用代行サービスは
プロのコンサルタントが様々な業務を
代行・サポートしてくれますし、
人員コストの削減もできますが、
実は、デメリットもあるんです。

ここからはECサイトの運用代行サービスの
デメリットについて紹介していきます。

実際に運用代行を依頼する前に
しっかりチェックしておきましょう。

ECサイトの運用代行サービス デメリット①:社内にノウハウが溜まりづらい

ECサイトの運用代行サービスの
1つ目のデメリットは、
社内にノウハウが溜まりづらいことです。

ECサイト運用をプロのコンサルタントに
委託すると、売上は上がるかもしれませんが、
社内に売上をあげたり、業務を効率化する
ノウハウなどが溜まりづらくなってしまいます。

日々の業務に追われ、
目先の業務をこなすことだけを考えて
運用代行をお願いしてしまうと、
業務は効率化しますが、
ノウハウは得られません。

代行業者がどのような運用を行っているか
しっかり確認しながら共同で
進めていくことができれば、
その後、自社だけでやっていくことも可能です。

他の業務もあり、多忙だとは思いますが、
代行業者の運用方法やコツ、ノウハウは
しっかり社内に蓄積できるように
心がけながら進めていきましょう。

ECサイトの運用代行 デメリット②:自社運営に切り替えにくい

ECサイトの運用代行サービスの
2つ目のデメリットは、
自社運営に切り替えにくいということです。

ECサイト運用代行サービスを利用してみて、
「ある程度ノウハウもわかり、
売上も上がったので
自社運営に切り替えたい。」

そういう場合もあると思います。
そんな時に、業務全般を代行業者に
委託していると、自社に引き継ぐ際に
切り替えが難しくなります。

さらに、売上が上がると必要な人員やコストも
高くなりますので、しっかりと体制を整え、
計画を立ててから切り替えましょう。

4.まとめ

最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

今回はECサイトの
運用代行サービスについて解説しました。

ECサイトの運用代行サービスについて、
少しでも理解は深まりましたでしょうか。

ECサイトの運用は、
自社型、モール型に関わらず、
担当者にとても負担のかかる業務です。

・自社ではとても手が回らなくなった。
・売上が伸び悩んでどうしたらいいか
わからなくなってしまった。

そんなとき、
ECサイトの運用代行サービスという
手段があるということだけでも
覚えておいていただけると幸いです。

弊社について


ECサイトの運用に悪戦苦闘をしている
会社は非常に多いと思います。

今の時代、ECサイトは個人の方でも
簡単に始められますが
実際に始めてみて、

・なかなかお客様に商品を見つけてもらえない
・広告を使うとコストが高そう
・施策の改善点がわからない

そう思ったことはありませんか?

弊社では圧倒的実績を持つECコンサルタントが
GoogleのAI技術を利用した
最新の広告手法を活用して
10社以上のクライアント様の
Amazon・楽天・自社通販などの
立ち上げサポート・運用代行・転売対策
を行っております。

SEO対策などもしっかり行っておりますので、
ご質問やご相談などは下記よりお気軽に
お問い合わせください。

現在期間限定のキャンペーンを実施中です!

こちらのキャンペーンでは、
月額9,800円からECサイトの集客サービスを
利用することができます。

中には、月額9,800円から始めて、
売上が280%UPしたお客様も。

ECサイトを始めてみたいという方
ECサイトの運用代行を
検討している方は、
下記の期間限定特設ページを
ご覧になったうえで
ぜひお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です