【Amazon出品者必見】Amazon スポンサープロダクト広告のメリット

Amazonで商品をたくさんの人に
買ってもらうには
価格、レビュー、商品ページなど
さまざまなことを重要視する必要があります。

今回ご紹介する
「スポンサープロダクト広告」は、
初心者の方や個人の方も活用することが
できる広告となっています。

メリットや広告の種類について
ご紹介しているので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次
1.Amazon スポンサープロダクト広告とは
1-1.Amazon スポンサープロダクト広告の利用条件
1-2.広告の掲載場所

2.Amazon スポンサープロダクト広告のメリット

3.Amazon スポンサープロダクト広告の種類

4.まとめ

1.Amazon スポンサープロダクト広告とは

スポンサープロダクト広告とは
Amazonの広告の1つで、
どの広告よりも簡単に始めることができる
もっとも代表的なAmazon広告です。

あなたはAmazonで買い物をしている時、
このような表示をみたことは
ありませんか?

このように写真の下に小さく
“スポンサー”と書かれている商品が、
広告として掲載されている
商品になります。

Amazonに商品を出品してから
検索順位が上がってくるまで
商品に対してのアクセスは
ほとんどありません。

そのため、
スポンサープロダクト広告を利用して
アクセスを得ていくことが重要となります。

1-1.Amazon スポンサープロダクト広告の利用条件

誰でも活用することができる
とお伝えしましたが、
スポンサープロダクト広告を利用するためには
以下の条件を満たす必要があります。

①大口出品者であること
②新品であること
③カートボックスを取得していること
④カテゴリーに該当していること
Amazonに出品する形態として、
大口出品小口出品の2つがあります。
※小口出品の方は利用できませんので
ご注意ください。
大口出品・小口出品に関しては
以前の記事で紹介しておりますので
ぜひこちらをご覧ください。



カートボックスを取得している状態とは
転売屋などに自分の商品ページを
乗っ取られていない状態のことです。

Amazonに出品している方であれば
誰でも転売されるリスクはあります。

Amazonでの転売対策に関しても
以前の記事で紹介しておりますので
ぜひこちらをご覧ください。

1-2.広告の掲載場所

次にご紹介するのは、
スポンサープロダクト広告の掲載場所です。

スポンサープロダクト広告は
・検索結果ページ
・商品詳細ページ
この2箇所に表示されます。

「検索結果ページ」

「商品詳細ページ」

2.Amazon スポンサープロダクト広告のメリット

スポンサープロダクトは費用がかかりますが、
その分大きなメリットがあります。

スポンサープロダクト広告のメリット①:すぐに始められる

Amazonのスポンサープロダクト広告は
セラーセントラルの
「広告キャンペーンマネージャー」から
すぐに設定することができます。
設定が完了すればすぐに広告が回り始めます。

始めたい時に始められるというのは
メリットの1つだと考えられます。

スポンサープロダクト広告のメリット②:目につく場所に掲載される

Amazonのスポンサープロダクト広告の
2つ目のメリットとして挙げられるのは、
「目につく場所に掲載される」
ということです。

スポンサープロダクト広告は
先程紹介しましたように、
検索結果ページと商品詳細ページの
目立つ場所に表示されます。

そのため、商品を探しているユーザーに
認知してもらいやすく、
クリック率(CTR)も高くなります。
ただし、掲載の位置は

・入札額
・見込みクリック率
・関連性

などから判断される
広告のランクによって決まります。

そのため、あなたが表示して欲しい
場所に表示されない場合もあるということは
理解しておきましょう。

スポンサープロダクト広告のメリット③:低予算で始められる

Amazonのスポンサープロダクト広告の
3つ目のメリットに挙げられるのは、
広告の予算は最低額がなく、
少額からでも配信ができるということ。

費用はクリック課金型であるため、
広告費が発生されるのは
「クリックされた時だけ」
クリックされなければ
費用がかかることもありません。

また、1日の予算限度額を設定できるので
広告費が限度額を超えることもありません。

このような仕組みだから、
初めての方でも安心して
活用することができますね。

ここまでは、
Amazonのスポンサープロダクト広告の
メリットについてご紹介をしました。

下記では、
「Amazon広告自体のメリット」について
ご紹介をしていきます!

Amazon広告自体のメリット:ユーザーの購買意欲が強い

これはAmazon自体の強みとも言えますが、
Amazonはユーザーの
購買意欲がとても高いと言われています。

Googleで検索するときと違って
Amazonで商品を検索するときは
既に「商品を購入したい」と思って
検索する人が多いのです。

Amazonの広告は
購買意欲の高いユーザー相手に
広告を出すことができるので、
商品を知ってから購入までが早く、
購入に結びつきやすい広告となっています。

3.Amazon スポンサープロダクト広告の種類

スポンサープロダクト広告には
・オートターゲティング
・マニュアルターゲティング
の大きく2種類があります。

それぞれ説明していきます。

オートターゲティング

オートターゲティングは、
Amazonがキーワードを自動選択して、
あらかじめ設定された商品の中から
Amazonが選択して広告を掲載します。

◯長所
・管理が簡単
・さまざまなユーザーの検索や
閲覧商品を網羅してくれる

◯短所
・細かいコントロールは難しい
・無駄な配信が出てしまう

Amazonが自動で行なってくれるので
簡単なうえに自分では
思いつかなかったキーワードで
コンバージョンが起きていることも。

マニュアルターゲティング

マニュアルターゲティングは、
自分でキーワードや入札金額を決めて
回していく広告です。

キーワードを個別に設定することができ、
購入者が検索したキーワードと
自分で設定したキーワードをマッチングさせ
広告が掲載されます。

◯長所
・無駄な配信を少なく抑えられる

◯短所
・キャンペーンの管理が複雑
・キーワードの設定漏れなどがあると
損失になる

また、同じ商品でも
オート、マニュアルの両方のタイプで
広告を回していくこともできますよ。

両タイプ長所、短所があり、
どちらが優れていると
一概には言えません。

自社の重要な検索キーワードは
マニュアルで管理、
まだ未開拓な検索キーワードは
オートに任せるなど
それぞれの得意分野を生かした
運用体制にするとより効果的になります。

4.まとめ

最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

Amazonでは購買力の高い人が集まるため、
広告もかなりの効果があります。
しかし、闇雲に広告を回しても
効果は期待することができません。

どんな広告があるのか、
自分の商品はどんなキーワードで
検索されているのか。

それぞれ特徴を理解した上で
広告を回していきましょう。
それができるだけのツールが
Amazonには揃っています。

また、広告をみて
商品ページにやってきてくれた
ユーザーをがっかりさせないよう
広告だけに気をとらわれすぎず、
しっかりとした商品詳細ページを
作っていきましょう。

弊社について


ECサイトの運用に悪戦苦闘をしている
会社は非常に多いと思います。

今の時代、ECサイトは個人の方でも
簡単に始められますが
実際に始めてみて、

・なかなかお客様に商品を見つけてもらえない
・広告を使うとコストが高そう
・施策の改善点がわからない

そう思ったことはありませんか?

弊社では圧倒的実績を持つECコンサルタントが
GoogleのAI技術を利用した
最新の広告手法を活用して
10社以上のクライアント様の
Amazon・楽天・自社通販などの
立ち上げサポート・運用代行・転売対策
を行っております。

SEO対策などもしっかり行っておりますので、
ご質問やご相談などは下記よりお気軽に
お問い合わせください。

現在期間限定のキャンペーンを実施中です!
ECサイトを始めてみたいという方
ECサイトの運用代行を
検討している方は、
下記の期間限定特設ページを
ご覧になったうえで
ぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です