【もうやってる?】ECサイトのSEO対策で最低でもこれだけはやっておきたい3つの対策

ECサイトを始めたらできるだけ
多くの方に訪れてもらいたいですよね。

実店舗では、近くを通りかかった人が
偶然訪れてくれることもありますが、
ネットの世界ではほぼありません。

しっかりと対策をしておかないと
そもそもお店があることすら
認知してもらえない状態が続いてしまいます。

「でも具体的に何をやったらいいのか
わからない。」

そう思った方、まずは
SEO対策から始めてみませんか?

広告を出すことも大切ですが、
あなたのサイトに継続的に
お客様に訪れていただくには、
SEOを意識した対策が大切なんです。

今回は、あなたのECサイトを
SEOに強いECサイトにしていくために
必要な対策をご紹介していきます。

・ECサイトを立ち上げたばかりの初心者の方
・ECサイトを始めたが、
売上が伸び悩んでいる方
・SEO対策を見直したい方

このような方以外でも活用できるような
内容になっているので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、ECサイトで絶対知っておきたい
3つの集客対策について
以前の記事で解説しておりますので、
ぜひこちらもご覧ください。

目次

1.SEO対策を行うにあたって
1-1.そもそもSEOとは

2.ECサイトにSEO対策が必要な理由

3.ECサイトのための3つのSEO対策
3-1.ECサイトSEO対策①:キーワード選定
3-2.ECサイトSEO対策②:商品ページの最適化
3-3.ECサイトSEO対策③:内部リンク構造を最適化する

4.まとめ

1.SEO対策を行うにあたって

「広告だけじゃダメなの?」

そう思っている方も中には
いるのではないでしょうか。

実際にECサイトを運営する上で
SEO対策はとても重要なことなんです。

ここからはECサイトを運営する上で
なぜSEO対策が必要なのか。
その理由について解説していきます。

「SEOって何?」
「聞いたことはあるけどよくわからない。」

そんな方も大丈夫です。
今回は初心者の方でも大丈夫ですので、
一緒に確認していきましょう!

そもそもSEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で
日本語で言うと検索エンジン最適化
という意味になります。

これだけ聞いてもちょっと難しいですよね。

例えば、あなたが何かを調べたい時、
GoogleやYahoo!で検索しますよね?

その時、あなたが検索した言葉に対して
適した検索結果を表示する仕組みが
「検索エンジン」なんです。

つまり、SEO=検索エンジン最適化とは、
あなたのECサイトを
検索エンジンに最適化させて
検索した時に上位に表示させることです。

そしてSEO対策とは、
このための対策を
行なっていくことです。

ECサイトの中でもトップを誇る
AmazonのSEO対策については
以前の記事で解説しておりますので
もし興味のある方はぜひこちらも
ご覧ください。

2.ECサイトにSEO対策が必要な理由

SEOという言葉の意味がなんとなく、
わかったところで、
ここからはECサイトを運営するうえで、
なぜSEO対策が必要になるのかを
解説していきます。

下の図は日本のBtoC=EC市場規模の推移です。
経済産業省によると、2019年の日本国内の
消費者向けEC市場はなんと約19.4兆円
ここ10年間でもどんどん伸びていることが分かりますよね。


経済産業省の国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)より
https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200722003/20200722003.html

日本のEC市場規模は、
右肩上がりにどんどん伸びていて、
最近では、店舗を持っていた企業の
オンラインストアが開設されるなど、
実店舗のEC化も進んでいます。

市場が大きくなっていることは、
一見いいことのように思えますが、
市場規模が大きくなっているということは
それだけあなたの競合も増えている
ということなんです。

EC市場では、どんなに良いECサイトで、
どんなに良い商品を売っていても
ユーザーに認知してもらえなければ
商品が売れることはまずありません。

認知してもらうために、
SEO対策は高い費用をかけて出す広告と比べて
広告費用がかからず、上位に表示させることができる有効な手段です。

市場が右肩上がりに大きくなり、
競合も増えていますが、
SEO対策がしっかり行えていないECサイトは
まだまだたくさんあります。

そんな中、あなたが商品を売って、
売上を追及していくのであれば、
検索結果で上位に表示されるように
SEO対策をしっかり行なっていくことが
有効であり、売上アップのための近道
とも言えるでしょう。

3.ECサイトのための3つのSEO対策

ここからはECサイトの具体的な
SEO対策についてお話しします。

ECサイトのSEO対策は、たくさんありますが、
今回は、

①キーワード選定
②商品ページの最適化
③Googleの指標に沿ったサイト構成

この3つをご紹介していきます。
1つでも参考にしていただけると嬉しいです。

ECサイトSEO対策①:キーワード選定

SEO対策の1つ目は、
キーワードを選ぶことです。

キーワード選びは、ターゲットを明確にして
記事やサイトの内容をより良いものにしていくためにも欠かせないもの。
これはSEO対策の中でもかなり重要です。

ところで、あなたはいつもどのように
キーワードを決めていますか?

あなたが運営しているECサイトや
扱う商品のジャンルによって
ある程度キーワードがあると思います。

そこで大切なのは、キーワードを
どのキーワードと組み合わせたらいいのか

この組み合わせを見つけることです。

キーワードを見つけていく中でも
ユーザーがよく調べたり、
購入につながりそうな
キーワードがどんなものかを考えて
探していきましょう。

「でもそれって難しそう」
「自分ではよくわからない」
「どうやって調べたらいいの?」

そう思いませんか?
そんな方でも大丈夫!

キーワード選定にとても便利なのが、
「Googleキーワードプランナー」です。

キーワードプランナーは、
SEO対策でキーワードを選ぶときに
よく使われているGoogle公式ツールです。

Google公式なので、とても安心ですよね。
キーワードプランナーは本来、
Google広告を利用している方向けのサービス
となっていますが、
一部の機能は登録するだけで、
誰でも無料で利用できちゃうんです!

例えば「ECサイト」、「ECサイト SEO」
と入力し、調べてみると

このように表示されます。
検索ボリュームが大きければ大きいほど
よくユーザーに調べられています。

これを使えば、
よく調べられている組み合わせを
発見することもできますね。

※無料で利用する場合は、
検索ボリュームが1万〜10万というように
曖昧な形で表示されるようになっていますが、
キーワード選定の参考にする場合、
十分に利用できるものとなっています。

ぜひまだ利用されたことがない方は
この機会に利用してみてはいかがでしょうか。
【Google公式】Google-キーワードプランナーはこちらから

ECサイトSEO対策②:商品ページの最適化

2つ目は、商品ページを最適化することです。

商品ページはお客様にとって、
購入するかどうかを決める
とても重要なページです。

このページが見にくい状態では、
購買にはなかなかつながりません。

では、最適化するとは
どういうことでなのしょうか。

具体的な対策を紹介しますので
あなたのサイトがこれらの項目を
満たしているか確認してみましょう!

1.タイトルには適切なキーワードを豊富に使う

タイトルタグは、クリック率に
かなり大きな影響を与える重要な項目です。
しっかりとキーワードを盛り込みましょう。

しかし、長すぎても末尾が…
と表示されてしまいます。
目立たせたいキーワードは
一番左側(初め)に持ってきた上で
35文字以内くらいで構成してみましょう。

2.説明文は、わかりやすく、詳細の情報を入れる

説明文には、商品の情報だけでなく、
使い勝手やサイズ感など
画像だけでは伝えきれないことを
わかりやすく書いておくことが大切です。

わかりやすい情報が多いサイトの方が、
購買につながりやすいのは
言うまでもありません。

しかし、メーカーの説明をそのまま
掲載したりするのではなく、
自社でオリジナルの説明文を考えてみましょう。

また、最近では動画で商品の説明や
レビューを投稿する方も増えています。
動画の方が画像よりも伝わりやすい箇所は
多く、平均滞在時間を伸ばすことができ、
購買につながりやすい傾向もあります。

ぜひ動画にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3.URLは英語で短めにする

ECサイトにかかわらず、ページのURLには
カテゴリ名やキーワードを含む
かなり長いものが多くあります。

しかし、URLは長いものよりも短いものの方が
クリック率が約2.5倍高くなる
という調査結果も出ています。
URLだけで2.5倍ってすごく上がりますよね!

このため、URLは長すぎないものが
主流になってきています。

短くするのが難しい場合も
あるかもしれませんが、
できるだけシンプルにまとめた方が
クリック率向上を見込むことができます。

ECサイトSEO対策③:内部リンク構造を最適化する

3つ目は内部リンク構造を最適化することです。

そもそも内部リンクって何?と思う方。

内部リンクとは、外部のサイトではなく、
自社のサイト内に貼られたリンクのことです。

コンテンツに関連のあるテーマの内部リンクを
構成しておくことで、
訪問数を増やすことにつながり、
評価もされやすいと言われています。
具体的には、

・パンくずリストを表示する。
・商品ページに、関連商品やカテゴリを表示する。

などがあります。

以下では、この2つについて解説しますね。

パンくずリスト

パンくずリストは聞いたことがない方も
いらっしゃるかと思いますが、
この記事を読むときにも
こんな表示をみませんでしたか?

一見、特に意味はなさそうですが、
パンくずリストはユーザーが今サイトの
どこにいるのかを伝え、
サイト内を回りやすくする効果があります。

実はこれがユーザーだけでなく、
検索エンジンにとっても有益なもので、
SEOにも好影響を与えるんです。

関連商品などの表示

Amazonなどで、商品の横や下に
このような表示があるのを
ご覧になったことはありませんか?

関連商品やカテゴリを掲載することは、
アクセスの多いコンテンツから
直接ユーザーを誘導できます。

まとめ買いの促進だけでなく、
商品ページの順位を上げることにも
つながりますよ。

4.まとめ

最後までご覧いただき、
ありがとうございます。
ECサイトを運営していく中で、
SEO対策がとても重要になるということは、
伝わりましたでしょうか。

今後もデジタル化・IT化は進み、
実店舗のEC化もどんどん進んでくると
予想されます。

しっかりとSEO対策を行い、
強豪に負けないECサイト作りを
行なって売上アップに繋げていきましょう!

弊社について


ECサイトの運用に悪戦苦闘をしている
会社は非常に多いと思います。

今の時代、ECサイトは個人の方でも
簡単に始められますが
実際に始めてみて、

・なかなかお客様に商品を見つけてもらえない
・広告を使うとコストが高そう
・施策の改善点がわからない

そう思ったことはありませんか?

弊社では圧倒的実績を持つECコンサルタントが
GoogleのAI技術を利用した
最新の広告手法を活用して
10社以上のクライアント様の
Amazon・楽天・自社通販などの
立ち上げサポート・運用代行・転売対策
を行っております。

今回ご紹介したもの以外にもSEO対策を
しっかりと行っておりますので、
ご質問やご相談などは下記よりお気軽に
お問い合わせください。

現在期間限定のキャンペーンを実施中です!

こちらのキャンペーンでは、
月額9,800円からECサイトの集客サービスを
利用することができます。

中には、月額9,800円から始めて、
売上が280%UPしたお客様も。

ECサイトを始めてみたいという方
ECサイトの運用代行を
検討している方は、
下記の期間限定特設ページを
ご覧になったうえで
ぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です