【初心者必見】Amazonに出品する際の手数料で抑えるべき3つのポイント

ECサイトというと、Amazon、
楽天、Yahoo!などの
大手を想像しますが、個人でも簡単に
ECサイトを作ることができるので、
大手以外のECサイトが
たくさん登場しています。

あなたは
「ECサイトに出品してみたい!」
そう考えたことはありませんか?

ECサイトに出品したいと思った時、
まず考えるのが、

・どこに出品する?
・費用ってどのくらい?
おそらく、この2つではないでしょうか。
まず、どこに出品するかを考えることは
とても重要です。

出品方法としては、大きく2つあります。

①自分でサイトを立ち上げる
②Amazon、楽天などの
既存のECサイトに出品する

あなたが扱う商品によって
①か②のどちらが向いているかは
変わってきます。
どちらがいいのかはメリット・デメリットを
確認しながら慎重に決めていきましょう!
以前、Amazonに出品するメリットに関して
こちらの記事で紹介しておりますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、出品場所よりも
気になるのが費用ですよね。

Amazonなどの大手ECサイトは
集客力が高いので、出品すれば
たくさんのお客様が訪れる可能性があります。

「でもかなり費用がかかるのでは?」
「だいたいどのくらいかかるの?」

そう思ったことはありませんか?

また、既にAmazonに出品している出品者の方も

「売上は上がっているのに
あまり利益が残っていない」

「手数料がどこでかかっているのか
よくわからない」

そう思ったことはありませんか?

今回はAmazonに出品する際にかかる

出品手数料について解説します。

Amazonに出品したことがない初心者の方から
Amazonで既に売上をあげている
出品者の方まで活用できる
内容となっているので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

1.Amazonの手数料とは

Amazonでは出品する際、
出品手数料がかかります。

商品を販売して売上をあげていくには、
商品の原価はもちろんですが、
販売する際にかかる手数料などの費用
しっかり把握しておくことが必要なんです。

Amazonに出品してかかる手数料は
大きく分けて以下の3つです。

①出品プランに応じた手数料
②販売手数料
③FBA手数料

手数料の割合は
「選択している出品プラン」
「販売している商品」
「FBA利用の有無」
によって変わってきます。

あなたが販売している商品、
または販売したいと思う商品に
どのくらいの手数料がかかるのか
上記の①〜③をしっかり確認して
把握しておきましょう。

ここからはそれぞれの手数料について
詳しく解説していきます。

2.Amazon 出品プラン別の手数料

Amazonには
・大口出品
・小口出品
2つ出品プランがあります。

Amazonで商品を出品していくにあたって、
まずは、自分の商品や売り方に
あったプランを選択しましょう。

Amazonの大口出品について

大口出品の場合、発生する基本手数料は
月額登録料金:4,900円(税抜)/月です。

月額制で料金は高いですが、
スポンサープロダクト広告を利用できたり、
法人向け販売ができるなど、
メリットも大きいんです。

・月に50点以上販売したい
・スポンサープロダクト広告などの
サービスを利用したい

という方は大口出品を選択することを
おすすめします。

大口出品者のみ利用できるサービス
スポンサープロダクト広告について
以前、こちらの記事で解説しておりますので、
興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

Amazonの小口出品について

小口出品の場合は、月額制ではなく、
1商品につき100円(税抜)です。

・出品数が少ない
・副業で始めたい

という方は小口出品がおすすめです。

自分の利用方法にあったプランを
選択して始めましょう!

大口出品・小口出品について
以下の記事でもっと詳しく
解説しておりますので
興味のある方は、ぜひご覧ください。

【出品者必見】徹底解説!Amazon大口出品の6つのメリット
【初心者必見】初心者・副業におすすめ!Amazon小口出品のメリット・注意点

3.Amazon販売手数料

Amazonではプランを選んで
商品を登録した後、
商品が売れたタイミングでかかるのが
販売手数料です。
販売手数料にはいくつか種類があります。

ジャンル別手数料

Amazonで出品されている商品は
全てジャンルに分けられています。

Amazonでは自分の販売する
商品のジャンルによって
ジャンル別で販売手数料がかかります。

あなたが出品している、出品予定の商品の
販売手数料を確認しておきましょう。
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/G200336920

成約料金( 一部商品のみ)

成約料金は、本やCDなど特定のメディア商品の
販売時には、大口出品・小口出品のプランに
かかわらず、
商品ごとにカテゴリー別成約料
発生するというものです。

そのため、例えばあなたが
本を出品している場合は、
「販売手数料」と別に「カテゴリー別制約料」がかかります。
※どちらか片方だけではなく、
両方がかかります。

片方だけではありませんので注意しましょう。

本:80円
CD・レコード:140円
DVD:140円
ビデオ(VHS):140円

大量出品手数料

Amazonでは大量に出品し、
販売SKU数が月に200万点を超えた場合は
超過した分にのみ、追加で
1SKUあたり0.05円の手数料が発生します。

SKUとはAmazonで出品者が設定する
商品管理番号のこと。
商品の在庫管理をするときに使われる
商品固有の識別コードです。
商品登録時に出品者が
設定することができ、
登録しなかった場合はAmazonから自動で設定されます。

例えば、販売SKU数が
500万点となった場合、
手数料は、
(3,000,000SKU×0.05円=)150,000円
となります。

また、大量出品手数料は月単位で算出され、
請求されます。

4.FBA手数料

AmazonにはFBA(フルフィルメントby Amazon)
と呼ばれるサービスがあります。

このサービスは、商品の在庫管理から
注文管理、配送、返品に関する
カスタマーサービスまでを
Amazonが代行してくれる便利なサービスです。

FBAに関してよく知らない、
利用を検討しているという方は
以前の記事でメリットやデメリットを
詳しく解説しておりますので、
ぜひこちらをご覧ください。

便利なサービスですが、
FBAを利用する商品には

・配送代行手数料
・在庫保管手数料

この2つがかかることになります。
それぞれ詳しくみていきましょう!

配送代行手数料について

配送代行手数料は商品の寸法重量によって
金額が変わります。

在庫保管手数料について

在庫保管手数料は、AmazonのFBA倉庫にて
商品を保管・管理するために
かかる手数料です。

手数料には、商品のサイズ(体積あたり)と
保管日数が月単位で計算されます。

<小型・標準サイズ>
・1月〜9月
5,160円×商品サイズ(cm³)/(10cm×10cm×10cm)×保管日数

・10月〜12月
9,170円×商品サイズ(cm³)/(10cm×10cm×10cm)×保管日数
<大型・特大型サイズ>
・1月〜9月
4,370円×商品サイズ(cm³)/(10cm×10cm×10cm)×保管日数

・10月〜12月
7,760円×商品サイズ(cm³)/(10cm×10cm×10cm)×保管日数

FBA小型・軽量商品プログラムについて

FBAには小型・軽量商品プログラムという
プログラムがあり、
以下の特徴を満たすような重量が軽く、
販売価格が安い商品はこちらに登録することを
おすすめします。

・商品重量が950g以下
・商品の寸法が3.3cm×30.0cm×35,0cm以下
・販売価格が1,000円以下
・過去4週間で出品者出荷およびFBAで25個以上の販売実績

この4つの条件を満たす商品は
こちらのURLからseller centralにログイン後
登録できます。
ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
https://sellercentral.amazon.co.jp/fba/programs/snl/feeds?ref_=asjp_fba_snl_jplp_enroll2&ld=NSGoogle

その他の手数料

FBAにおいて、上記のもの以外に
状況に応じて発生する手数料があります。

FBA在庫の返送/所有権の放棄手数料

FBAに保管している在庫商品を
返送してもらいたい、
または破棄してもらいたい時に
発生する手数料です。

長期保管手数料

FBAでは、毎月15日に在庫チェックが行われています。

チェック当日にFBAでの保管期間が365日を
超えた在庫は長期保管手数料が発生します。

10cm×10cm×10cmあたり17.773円
定期的に在庫の保管状況をチェックし、
長く置きすぎないようにしましょう。

商品ラベル貼付サービス

FBAラベル貼付サービスに登録すると、
条件を満たした商品にラベルを貼付してくれます。

<小型サイズの商品>
条件:25×18×2cm以下・25g以下
ラベル1枚あたりの手数料:20円(税込)<標準サイズの商品>
条件:45×35×20cm以下/250g以上9kg以下
ラベル1枚あたりの手数料:20円(税込)
<大型サイズの商品>
条件:45×35×20cm、9kgを超えた場合
ラベル1枚あたりの手数料:51円(税込)

5.まとめ

最後までご覧いただき、
ありがとうございます。

今回はAmazonの手数料について
解説しました。

「思ったよりも手数料かかるな」

そう思った方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

手数料って小さいようで
かなりかかってしまうものなんです。

思ったよりもかかってしまうからこそ、
商品を売った利益だけでなく
手数料の管理も大切なんです。

しっかり手数料を管理して、
少しでも手数料を減らして
利益向上に向けて頑張っていきましょう!

弊社について


ECサイトの運用に悪戦苦闘をしている
会社は非常に多いと思います。

今の時代、ECサイトは個人の方でも
簡単に始められますが
実際に始めてみて、

・なかなかお客様に商品を見つけてもらえない
・広告を使うとコストが高そう
・施策の改善点がわからない

そう思ったことはありませんか?

弊社では圧倒的実績を持つECコンサルタントが
GoogleのAI技術を利用した
最新の広告手法を活用して
10社以上のクライアント様の
Amazon・楽天・自社通販などの
立ち上げサポート・運用代行・転売対策
を行っております。

Amazonはもちろん、
他のECサイトの商品の出品業務や
手数料などの確認も
日頃から行っておりますので、
ご質問やご相談などは下記よりお気軽に
お問い合わせください。

現在期間限定のキャンペーンを実施中です!

こちらのキャンペーンでは、
月額9,800円からECサイトの集客サービスを
利用することができます。

中には、月額9,800円から始めて、
売上が280%UPしたお客様も。

ECサイトを始めてみたいという方
ECサイトの運用代行を
検討している方は、
下記の期間限定特設ページを
ご覧になったうえで
ぜひお問い合わせください。